公認会計士になるための5つのステップ

公認会計士になるための5つのステップ

 公認会計士になるには試験を受けなければならず、その試験も合格するのには非常に厳しいのが現状です。

 

 しかしその代わりに需要としてはとても高い職業であるため、この職業に付くことができれば、安定した生活を送っていくことが可能になります。

 

 一度資格が取れれば、一生の仕事として活躍できますのでぜひトライしてみましょう。また公認会計士からの転職は引く手あまたで、転職市場では有利だと言うことも意識しておきましょう。

 

 

計画的な転職活動が必要

 まずは公認会計士になるためにはどうするべきかを詳しく調べてみましょう。そして試験に合格が絶対条件ですから、まずは計画性を持った年単位の勉強を行う必要があります。

 

 公認会計士の試験に合格するには一般として3年か4年程度かかるとされているため、公認会計士の転職を希望するのであれば長い目で見て始めるようにしなければいけません。

 

 

【参考記事】

 

 

 

 

公認会計士に強い求人媒体を探そう

 求人探しをするのであれば、会計や経理系を専門としている転職サイトやエージェントを利用した方がいいでしょう。

 

 特にエージェントは公認会計士の資格を持っている実力があれば、十分いい非公開求人を提供してくれる可能性が高くなります。

 

 

【参考記事】

 

 

 

応募書類にはあなたの強みを必ず書こう

 履歴書には公認会計士としての資格を書くのはもちろんですが、他の資格も役に立つ場合があるため、公認会計士の仕事のことを考えて役に立つと思うものを書いておきましょう。

 

 職務経歴書も公認会計士の仕事をやるにあたって強みとなる経験の内容を強調して書くようにしましょう。

 

 

【参考記事】

 

 

 

 

面接当日までに答えは整理しておこう

 何故公認会計士に転職したいのか聞かれることになりますので自分の中で答えは持っておきましょう。

 

 他には前職の仕事や給与面に関しての質問が出てくることもあります。仕事の答えと給与の質問が来たら自分の現在の年収とも合わせてどう答えるかを考えておきましょう。

 

 

【参考記事】

 

 

 

将来の事をふまえて円満退職を目指そう

 退職に関しては特に他の転職と変わりません。

 

 しかし公認会計士は信用も武器として仕事をすることになるため退職においてトラブルが起きないように気を配りましょう。

 

 転職の際の雇用契約書もよく確認しておくのを忘れないようにしてください。

 

 

【参考記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 会計士への5つステップ おすすめ転職サイト