途中入社での注意点

途中入社での注意点

新人ということを忘れない

 

 新しい会計事務所に就職すれば、誰でも新人です。どんなに経験がある人でも、年配の人であっても、周りは先輩社員ばかりです。公認会計士として経験豊富な人であっても、事務所の規律をまずは理解することを心がけましょう。

 

 最初の数ヶ月は、慣れない事ばかりでしょう。どんなに仕事を一生懸命頑張ってこなしていても失敗をすることもあるかもしれません。新人としての気持ちを持って働いていれば、必ず周りがフォローしてくれるでしょう。

 

円満に退職

 

 入社に際して、同時に忘れてはならないのが退社についてです。公認会計士としての仕事は、クライアントとの信頼関係を築く必要があります。これからの仕事をスムーズに進めるためにも、去る職場の関係を良くしておくといいでしょう。

 

 退職が決まれば、引継ぎをしっかりと行い、後任の人が困らないように配慮するべきです。後任者が無理なく仕事を進めることが出来るように、真摯に業務をこなしましょう。周りとの関係は良好に保ち、社会人として新たな出発をするべきですね。

 

 

 

【関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 会計士への5つステップ おすすめ転職サイト