入社の挨拶について

入社の挨拶について

契約書は早めに提出

 

 公認会計士での仕事も、企業での入社承諾書のような契約書がある場合があります。小さな事務所でも、大きな事務所でも、何かしらの書面での契約を交わすことが多いです。

 

 入社の決意が固まっていれば、早めに書面を提出することがベストです即答は入社意欲をあらわすバロメーターになります。出来るだけ早く回答し、企業へのアピールへとつなげるように知るべきでしょう。

 

 ただし、どうしようかと悩んでいる場合には、納期以内で出来るだけ早く回答することをお勧めします。期日ギリギリであると、第一志望ではなかったことが明らかとなってしまうので、決意を固めたら早めに資料を提出しておくことが望ましいでしょう。

 

明るく挨拶をする

 

 公認会計士としての仕事が決まったら、明るく事務所で挨拶をしましょう。小規模、中規模、大規模の事務所によって、それぞれ働く環境は違います。社員の人数も違うでしょうけれど、誰かしらの下で働くことには代わりがありません。

 

 先輩社員には明るくしっかりと挨拶をし、適切なスタートを切ることが大切です。最初の挨拶次第で、これからの仕事環境が左右されます。少しでも働きやすく、気持ちよく過ごすためには、最初の挨拶を頑張りましょう。

 

 

【関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 会計士への5つステップ おすすめ転職サイト