公認会計士の転職と面接後のお礼状

公認会計士の転職と面接後のお礼状

面接後のお礼状の意味

 

 公認会計士として転職をしようとしているひとの中には、資格を取得したばかりで、未経験のまま転職活動に臨んでいるひとも少なくないと思います。公認会計士に限らず、転職のための面接後にお礼状を出すことは、活動のフローの中ではマストのプロセスにはなっていません。

 

 ですが、本当にそこに入社したいと考えているなら、面接後にお礼状を出しておくことをおすすめします。お礼状は、自分に面接の機会を与えてくれたこと、時間を割いてくれたことに対する感謝の気持ちを伝えるものです。

 

 相手に誠意を見せるという意味でも、スキルやキャリアが同じくらいのライバルから頭一つ抜け出るチャンスです。ぜひ、実践してみましょう。

 

将来独立を目指すなら、お礼状は習慣にしておこう

 

 お礼状の書面は、社外向けのビジネス文書の書式に準じます。必ずしも手書きである必要はないので、パソコンで基本のテンプレートをつくっておくと、すぐに書き直して出すことができます。

 

 書く内容は、前章でも述べた面接をしてもらったことへの感謝の気持ちと、質疑応答で関心を持った業界や仕事内容の話、それにより入社や仕事への意欲がどう高まったのかです。

 

 自己アピールを加えるひともいるのですが、面接時にプレゼンテーションが足りなかったせいだと思われると、マイナスに作用する可能性もあります。結びの文章で謝意を重ね、面接の当日遅くても翌日に投函すれば、面接官の印象をアップできるかもしれません。

 

 もし、あなたが経験を積んだ後、公認会計士として独立する目標を持っているなら、こうしたお礼状書きを習慣づけておくと、仕事に活かせるはずです。ひとが面倒だと思いそうだからこそ、取り入れてみてください。

 

 

【関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 会計士への5つステップ おすすめ転職サイト