面接で聞かれること(よくある質問)

面接で聞かれること(よくある質問)

志望動機について

 

 志望動機は、どのような職業でも必ず聞かれることです。公認会計士であれば、他の会計事務所の中から特定の事務所を選んだ理由をしっかりと述べる必要があります。

 

 魅力に感じたこと、興味を持った事業内容など、何が他とは違ったのかを明確にしましょう。また、今までの経験から繋がること、活かしたいと思うことを補足すれば、より気持ちが伝わりやすいです。

 

 採用することで事務所が得られるメリットなど、きちんと明白に伝えるといいでしょう。

 

これまでの経験内容

 

 公認会計士としての経験者であれば、これまでの経験を問われます。どの程度の知識を持っているのか、何か特別な業務に携わってきたのかなどを伝えましょう。前職の事務所やクライアントの企業秘密は伏せながらも、具体的な説明をすることが採用のカギです。

 

 より相手に分かりやすく、しっかりと回答ができるように話をまとめておくといいでしょう。一方で公認会計士としての業務経験がない人でも、何かしら生かせることが必ずあるでしょう。

 

 事務所が主に持っているクライアントの業務知識やコミュニケーション能力など、何かしら他の人よりも勝っていることがあれば、しっかりと説明をするといいです。

 

 

 

【関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 会計士への5つステップ おすすめ転職サイト