面接でのマナーについて

面接でのマナーについて

服装を正すこと

 

 面接でとても大切なのは服装を正すことです。見た目の第一印象で、合否が既に決定しているといっても過言ではありません。最初にいい印象を与えれば、いい印象は最後まで続きます。

 

 一方で、最初の服装から受けた印象が悪ければ、後から挽回するのは難しいです。公認会計士として適切なスーツを着用し、清潔感のある服装を心がけるべきでしょう。

 

 靴、かばん、シャツなど、 細かいところまでしっかりと気を遣っておくといいです。男女共に髪型、男性であれば髭、女性であれば化粧にも気を配りましょう。

 

明るく接すること

 

 あいさつは明るくすることが一番です。へらへらと緊張感がないのはいけませんが、明るく接していて損をすることはまずないでしょう。元気で明るい印象は、やる気が伝わりやすいです。

 

 公認会計士の仕事も暗い人よりも明るい人の方が適しています。入所後の事務所環境を明るくしてくれると思える人こそ採用したいと思うものです。にっこりと笑顔を絶やさず、はきはきと受け答えをするようにしましょう。

 

 

【関連記事】

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 会計士への5つステップ おすすめ転職サイト