履歴書の見られるポイント

履歴書の見られるポイント

見た目で決まる

 

 履歴書は、まず最初の見た目がとても大切です。企業が最初に目を向ける書類ですが、見た目が綺麗であれば目を通そうという気になります。一方で、乱雑に書かれているような書類は人間性すら疑われてしまいます。

 

 いい印象を与える履歴書を作るためには、細めのペンで一字一字丁寧に記入をします。字が汚くても、心を込めて読みやすく記入することが何よりも大切です。空欄は作らずに、出来る限り文字を埋めて、誰でもわかりやすい言葉でつづるのが一番です。

 

自分なりの表現

 

 履歴書は、手書きで記入する書類になります。今では、履歴書の書き方や、受かる履歴書の作り方なんて言うマニュアルがあるものです。これらのマニュアルは、あくまでも受かりやすいというだけであり、完全に従う必要はありません。

 

 一番大切なことは、自分なりの表現方法で志望動機や本人希望が書けているかということです。マネをして書いているようでは、自分なりの履歴書とはいえません。熱意を伝える貯めには、自分で考えた文字でアピールすることが必須といえるでしょう。

 

 

 

【関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 会計士への5つステップ おすすめ転職サイト