履歴書書き方について

履歴書書き方について

左半分の書き方

 

 履歴書の左半分は、応募者の概要を記入していきます。上部には提出年月日を西暦で記入し連絡先などの欄を埋めましょう。連絡先は、事務所が空いている平日昼間などに連絡が入る可能性が高いです。

 

 現状で仕事をしている場合などは、確実に連絡が取れる時間を記入しておくべきです。そして、第一印象を決める写真、学歴、職歴欄も右側にあります。詳しい内容は職務経歴書に書くとしても、全ての入社と退社歴を記入していきましょう。配属部署、退職理由などを簡潔に記入しまとめていくといいです。

 

右半分の書き方

 

 履歴書の右半分は、それぞれの個性が出る部分です。免許や資格などの能力は、沢山の資格を持っているのでしたら記入欄に入る範囲で、重要なものを選びましょう。

 

 また、沢山持っていない場合、勉強中の場合には、仕事に直結していなくても全て書き込むべきです。志望動機は、採用担当者が特に注意を配り目を通す欄です。

 

 これまでの経験、実績、そしてどうなりたいのかを自分なりの表現しましょう。本人希望欄が設けられている場合には、どうしても文字を書く必要はありません。条件を満たしていなければ仕事を辞退しなければならない場合のみ、希望を記入します。

 

 

 

【関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 会計士への5つステップ おすすめ転職サイト