公認会計士の悪い求人

公認会計士の悪い求人

成長していない事務所

 

 公認会計士で注意をしたいのは、成長をしていない横ばいの企業です。しばらくは学ぶことがあるかもしれませんが、一度仕事になれれば同じことの繰り返しになりかねません。

 

 自分自身のキャリアアップを狙いたいという人こそ、多くのことに挑戦できる企業を選ぶべきでしょう。勢いを感じないような事務所は、就職をした後に航海する可能性が高いです。折角仕事を見つけた後に、再度転職活動を行っていることがないように、慎重に事務所を選べるといいでしょう。

 

自分と合っていない事務所

 

 公認会計士と一言に言っても、事務所によってカラーはまちまちです。事務所のクライアント、サービス内容が、自分のやりたいことにマッチしていなければなりません。事務所自体が悪くなくても、自分に合っていなければ、悪い求人と変貌してしまいます。

 

 これまでの経験を生かしたい人であれば、似たような事務所を選ぶのがベターでしょう。また、自分が良く知っている、興味があるサービス内容でなければ、クライアントと対等に接することが出来ません。人にアドバイスをする業務ですから、自分がやりたいと思う仕事に就かなければ、仕事での成果を収めることは出来ないでしょう。

 

 

【関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 会計士への5つステップ おすすめ転職サイト