転職サイトの求人票ポイントについて

転職サイトの求人票ポイントについて

事業規模を見る

 

 公認会計士の仕事と一言に言っても、事業規模によって仕事が大きく変わります。大きな事務所、個人事務所、それぞれにメリットとデメリットが混在しているでしょう。人数が多くインターネットの検索にすぐ引っかかるような大きな事務所も少なくはありません。

 

 しかし、大きな公認会計士事務所でも、経営が安定しているとはいえません。人数が多ければ成長できるかというのも、必ずそういうわけではありません。ただし、事業規模が大きいということは、周りに沢山の先輩社員がいます。

 

 沢山のサポートを受けながらチームとして仕事をこなしたいという人は、大きな規模の事務所があっているでしょう。一方で、小規模事務所であれば率先して顧客の前に立ち仕事をこなすことが出来ます。実体験から学びたいという人は、小規模なクライアントを沢山こなせるでしょう。

 

サービスの内容

 

 公認会計士は、事務所によってサービスの内容が異なります。自分がやりたいサービスを行っているのか、経験できる仕事なのかを見極めて応募をするべきでしょう。例えば、クライアントとより近く、表向きの仕事をしたい人は中小〜中堅規模の事務所がぴったりです。

 

 裏方でもいいから、より大手のクライアントと関わりたいという人は、大規模の事務所を選ぶべきでしょう。英語力を生かしたい人は、外資系を扱う事務所、外国人が多く集まる土地への就職がぴったりです。

 

 また、他に何か特技や資格があるという人は、経験に特化した事務所を選びましょう。それぞれの働きたい内容に合わせて、医療、金融、製造業を主に扱う事務所を見つけることが出来ます。

 

 

【関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 会計士への5つステップ おすすめ転職サイト