公認会計士の業界動向

公認会計士の業界動向

大きく変わる環境変化

 

 公認会計士の環境は、近年大きく変わりつつあります。公認会計士試験の制度が変わったことは業界で有名な話です。2006年に導入された会計士試験の新試験制度では環境とは一変しました。

 

 また、2008年頃にはリーマンショックにより日本や世界の景気が悪化しました。クライアントの業績が悪化し、会計士試験合格者の数が減りました。資格を所得する事が難しい公認会計士ですが、資格があっても仕が見つからない人が多かったのが2000年代後半です。

 

新しいサービス

 

 公認会計士では、新しいサービスが登場してきています。市場ニーズはどんどんと変わり、公認会計士が行う業務内容にも変化が見えてきています。例えば、2003〜2007年の2000年代半ば頃では、IPO支援やJ-SOXが良く使われました。

 

 そして2000年代後半になると、相次ぐ事業不安から再生支援を行う公認会計士が増えました。M&A関連業務、海外企業の買収、IFRS対応支援など、各種サービスが時代の流れによって必要です。

 

 また、どのような仕事が必要になるのかは、その時々の景気や経済動向によって大きく変化します。近年のIT産業の発展により、今はまだ想像もしないような新しいサービスが今後登場するはずです。公認会計士は、時代の流れにあわせて、臨機応変に仕事をすることが求められるでしょう。

 

 

 

【関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 会計士への5つステップ おすすめ転職サイト