公認会計士の市場価値

公認会計士の市場価値

今後も大切な仕事

 

 公認会計士は、過去にも、現在にも、そして将来にもとても大切な仕事です。税理士の登録も出来ることから、公認会計士の資格はとても重宝されます。市場のニーズに応じ、社会動向をいち早く察知し、企業へのアドバイスをする仕事です。

 

 トレンドを見て、新しいサービスを提供することも求められます。大手企業、中小企業、それぞれの建て直しや、より良い環境を作るために公認会計士の仕事が求められます。新しいサービスを先取りする公認会計士は、これからも大切な存在と位置づけられていくでしょう。

 

より高い能力が必要

 

 以前は公認会計士というだけで就職先が山ほどありました。しかし、公認会計士の環境が大きく変化し事から状況が大きく変化してしまいました。その中で、公認会計士としての転職先の数が激増した背景があります。

 

 今では公認会計士の資格だけでは転職が難しく、何か他の能力を持っていることが必要です。英語力、IFRS知識、コミュニケーション能力などプラスアルファの能力が見られています。公認会計士自体の市場価値が下がったというわけではありません。

 

 しかし、今の公認会計士はより高度な知識や能力を求められるようになったといえるでしょう。

 

 

【関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 会計士への5つステップ おすすめ転職サイト