企業研究をやってみよう!

企業研究をやってみよう!

企業研究とは

 

 企業研究とは、これから入所しようとする企業研究を研究することです。一般企業への転職でよく聞く言葉ですが、公認会計士にとってもとても重要なステップです。公認会計士としての大まかな仕事は、どこでも同じようかもしれません。

 

 しかし、顧問先のクライアントや業務内容によって、細かい仕事内容が異なります。公認会計士としての企業研究は、クライアントを見てみることにヒントが隠れているといえるでしょう。自分が接してみたい企業や団体、個人と精通している事務所であれば、よりやりがいを感じられます。

 

仕事内容の確認

 

 公認会計士の事務所は、それぞれ一つ一つ個性があります。扱っているクライアントが違えば、仕事内容が異なるでしょう。どのような業界に特化しているのか、ホームページなどで確認しましょう。

 

 また、土地柄などからこれからの将来性なども見えてきます。外国人が多く集まる土地でしたら英語を多く使う場面があるでしょう。また、海外に精通している企業や輸出入関連の業務も多く舞い込むはずです。

 

 事務所によって、それぞれ働き方が違うので、担当する業務内容のチェックも大切です。仕事内容はどんな内容になっているのか、どこまでが公認会計士の仕事なのかを確認しましょう。

 

 

【関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 会計士への5つステップ おすすめ転職サイト