転職準備のための自己分析

転職準備のための自己分析

目指すことを明確にする

 

 公認会計士として働くことを考えているのであれば、まずは目指すことを明確にしましょう。自己分析を行い、転職を成功させる道筋を作ることが大切です。目指すことというのは、個人的な将来像の目標になります。

 

 何年、何十年を見据えたキャリアや生き方を目標に、どうして行きたいかを考えるべきです。自分の希望を考えることで、よりハッピーな転職を成功させることが出来るでしょう。

 

自己分析を元に仕事を考える

 

 自己分析をしっかりと行うことで、仕事探しを進めることができます。自分自身が思い描いた自分の将来を元に、キャリアプランが見えてくるでしょう。そんなプランによりマッチしている市ごとを考えていくことで、ぴったりの求人を見つけていくことが出来ます。

 

 自己分析を怠り、自分が見えていなければどんな仕事がいいのかが判断つきません。公認会計士として働くには、クライアントとの信頼関係が大切です。しっかりと地に脚がついていないような公認会計士は、周りから信頼をされにくいです。

 

 本当に自分に合った公認会計士事務所を見つけて仕事をすることで、自分にとっても、周りにとっても、顧客にとってもいい影響が待っているはずです。

 

 

【関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 会計士への5つステップ おすすめ転職サイト